プロテクティブスニーカー規格

1.当協会の行う型式認定の対象であるプロテクティブスニーカー(以下「プロスニーカー」といいます。)については、専門家の検討を経て、平成22年6月25日に、JSAA規格第1号としての「プロテクティブスニーカー規格」とともに、本規格に基づき、JSAA型式認定基準第1号としての「プロテクティブスニーカー型式認定基準」を制定し、これらを公表しております。 

(注) プロテクテイブスニ-カ-規格及び型式認定基準は、当協会事務所に備え置いてますから、いつでも閲覧できます。なお、規格が必要でしたら、購入もできます。

2.関係の製造・販売業者から型式認定の申請のあったプロスニーカーについて、添付の公的機関による試験結果等から上記の規格及び型式認定基準に適合するかどうかを判定し、合格したものの申請業者(以下「型式認定業者」といいます。)に型式認定合格証を交付します。

審査区分 認定基準
1.書面審査 プロテクティブスニーカー型式認定申請書について
(1)記入項目がもれなく記入されていること
(2)型式認定の対象となる製品品番のリストが記入されていること
(3)記入内容に不明な点がないこと
2.公的試験機関
による試験報告書
の審査(注1)
項目 革製 人工皮革製 ビニルレザー
クロス製
製品性能 耐衝撃性 13.5mm以上
耐圧迫性 13.5mm以上
表底のはく離抵抗 A種 300N以上 200N以上
B種 250N以上 150N以上
かかと部の衝撃エネルギー吸収性 20J以上
耐滑性 0.20以上
耐踏抜き性 1100N以上
静電靴の電気抵抗値 23±2℃において 1.0×105≦R≦1.0×108Ω
甲被性能 銀面割れ 突き上げ高さ 6.0mm以上
150N以上
クロム含有量 3~5.5%
引張強さ 7.0MPa以上 60N以上
40N以上
伸び 40%以上
表底性能 ゴム底 引張強さ 130MPa以上
伸び 300%以上
引裂強さ 300N/cm以上
侵せき試験 20%以下
発砲ポリウレタン底 引張強さ 3.5Mpa以上
伸び 300%以上
引裂強さ 150N/cm以上
先しん寸法 水平距離a A種 40~60mm
B種 30~50mm
高さb A種 33mm以上
B種 28mm以上
水平な底辺の幅c 3mm以上
3.切断見本の審査 甲被の種類 革製か人工皮革製かビニルレザー製の種類区分
甲被の厚さ A種 1.5mm以上 1.2mm以上 1.2mm以上
B種 1.2mm以上 1.2mm以上 1.0mm以上
表底の厚さ A種 3.0mm以上
B種 2.5mm以上
4.包装箱の審査 表示 JIS規格品でないものに、JIS規格品と誤解を与えるような表示を行ったり、安全性能がない製品に安全靴の表示を行うなどの不正表示をしてはならない

(注1) 第8条の2に該当する申請者は、「製品性能項目」以外は社内試験報告書で代用することができる。
(注2) 静電靴の電気抵抗値は、申請品種又は申請リストの中に静電靴が含まれる場合に適用され、該当品種について
    JIS T 8103に規定する試験方法により試験を行う。
(注3) 製品性能は、一足として男子用は26.0cm、女子用は23.5cmで行う。両足の数値を基準とする。

3.型式認定業者は、型式認定に合格したプロスニ-カ-の内側に、当協会制定・公表の「型式認定合格標章(マ-ク)」を表示するとともに、その外側に、当協会販売の「型式認定合格証明票」を取り付けた上、このプロスニ-カ-を販売することになっています。

型式認定合格標章

型式認定合格証明票(表)

型式認定合格証明票(裏)