保護具アドバイザー講習のご案内

保護具アドバイザーとは?

 当協会が行う、保護具等全般の適切な活用に関する講習を修了して登録している保護具等に関する労働安全衛生専門家です。
 厚生労働省からも事業場に周知されており、現在、全国に1,272名(※)の保護具アドバイザーがおります。 ※2019年12月31日時点

保護具アドバイザー(新制度)への移行について

 2020年4月より、保護具アドバイザー(新制度)が始まります。これにより、保護具アドバイザー養成講習が4日間の講習期間となります。また、この制度への移行に伴い現在の保護具アドバイザーの方には、新制度への移行措置として「移行講習」の受講が必要となります。こちらは、従来の保護具シニアアドバイザーの後継講習の位置付けです。
 2023年3月までが猶予期間となりますので、できるだけ早期に「移行講習」の受講をお願いいたします。

保護具アドバイザー資格取得手順

1.当協会の行う保護具アドバイザー養成講習の受講及び修了
2.保護具アドバイザーの登録申請及び「登録条件」に係る同意書の提出
3.当協会で申請に係る審査・事務処理の結果、登録証の交付

※所属先が保護具の製造・販売を行う企業に限ります。なお、当協会非会員の場合は、会社代表者による当該証明が必要となります。

保護具アドバイザーの役割

 保護具アドバイザーの名称を用いて、事業場等の労働安全衛生担当者等に保護具活用ガイドに基づき、保護具等の適正な活用の基本について技術又は法令の面から指導、情報提供等を行います。

講習概要

保護具アドバイザー養成講習

1.講習期間  4日間  各日 9:00~17:00
2.講習対象  保護具等の製造又は販売会社等に勤務する方で、保護具「アドバイザー」になる意思を持つ方
3.受講料    (1) 当協会会員に所属する者 : 42,900円/名
         (2) 非会員に所属される者  : 56,100円/名

※受講の際は必ず当協会発行の「保護具ポケットブック」をお持ちください。
 お持ちでない場合は「受講申込書」より購入可能です(1冊880円(税込) 受講者限定価格)。

4.講習プログラム
次の(1)及び(2)の科目について、講義・実技等により行います。
(1)各種保護具等
(保護帽、墜落制止用器具、保護眼鏡、呼吸用保護具、防音保護具、保護手袋、保護服、安全靴、プロテクティブスニーカー、産業用ガス検知警報器及び安全衛生標識)の選択、使用・着用及び保守管理の方法
(2)JSAA方式保護具活用システム
使用テキスト:保護具活用ガイド

保護具アドバイザー(新制度)への移行講習

1.講習期間  2日間  各日 9:00~17:00
2.講習対象  保護具アドバイザー登録者に限ります。
3.受講料    (1) 当協会会員に所属する者 : 22,000円/名
         (2) 非会員に所属される者  : 28,400円/名

申込方法

(1)申込書の送付

 以下の受講申込書にご記入のうえ、FAXまたはメールにて送信して下さい。

(2)受講料の支払

 申し込み受理後に受講票と請求書を送付します。なお、発送は募集締切後となることがあります。
 また、送付した受講票(コピー可)につきましては、受講者本人が当日ご持参してください。
お問い合わせ先 : 担当 中島  

講習日程

2020年度 保護具アドバイザー養成講習

開催日 場所(予定)
第2回 2020年7月7日(火)~7月10日(金) 大阪:エル・おおさか
第3回 2020年9月1日(火)~9月4日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会
第4回 2020年10月13日(火)~10月16日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会

2020年度 保護具アドバイザー(新制度)への移行講習

開催日 場所(予定)
第2回 2020年8月20日(木)~8月21日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会
第3回 2020年9月10日(木)~9月11日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会
第4回 2020年10月22日(木)~10月23日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会
第5回 2020年11月12日(木)~11月13日(金) 九州:産業医科大学
第6回 2021年1月21日(木)~1月22日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会
第7回 2021年2月18日(木)~2月19日(金) 大阪:エル・おおさか
第8回 2021年3月25日(木)~3月26日(金) 東京:(公社)日本保安用品協会