安全帯

 安全帯とは、作業者が高所での墜落事故から身を守るための個人用保護具であり、人体に装着するベルト(=帯)とランヤード(ロープ+フック等)から構成されます。
 労働安全衛生規則では、事業者・使用者・製造者にそれぞれ義務が課せられており、「高さ2m以上の箇所で作業床が設けられない場合、墜落の危険がある箇所に囲い等が無い場合は、安全帯を使用させなければならない。また、労働安全衛生法第42条に基づく安全帯の規格を満足した安全帯を使用しなくてはならない」と規定されています。
 主な安全帯の種類としては、一般高所作業用の胴ベルト型安全帯やハーネス型安全帯、柱上安全帯、傾斜面作業用などがあり、作業内容に合った安全帯を使用してください。

□胴ベルト型安全帯

□ハーネス型安全帯

□柱上安全帯

□傾斜面作業用

お問い合わせ先
日本安全帯研究会
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-15 和光湯島ビル 5F
TEL:03-5804-3125 FAX:03-5804-3126