委員会

 協会は事業を推進するために、常設委員会として運営関係の6委員会、技術関係の7委員会を設置しております。
 なお、特に指定された事業を実施するために時限の特設委員会を設けております。

常設委員会
(運営関係) 財務委員会 (委員長:谷澤 和彦)
内部監査委員会 (藤井 信孝、堀口 展也)
総務委員会 (委員長:鈴木 裕生)
事業推進委員会 (委員長:三須 肇)
 -講演会、講習会、展示会、見学会等に関する事項
 -出版事項に関する事項
 -その他、事業に関する事項
広報委員会 (委員長:重松 宣雄)
 -「ホームページ」の編集
 -その他、安全衛生に関する情報提供
編集委員会 (委員長:田中 茂)
 -月刊機関紙「セイフティダイジェスト」の編集・発行
(技術関係) ISO/TC85/SC2放射線防護国内対策委員会
ISO/TC94/SC1安全帽国内対策委員会
ISO/TC94/SC3安全靴国内対策委員会
ISO/TC94/SC6目及び顔の保護具国内対策委員会
ISO/TC94/SC13防護服国内対策委員会
ISO/TC94/SC15呼吸用保護具国内対策委員会
ISO/TC145/SC2安全標識国内対策委員会

□【ISO/TC85/SC2放射線防護国内対策委員会】

委員会の目的
放射線防護技術の向上に資するため、日本工業標準調査会に協力して、放射線防護に係わるISO規格の作成等国際標準化に寄与することを目的としています。

委員会の概要
ISO(国際標準化機構)/TC85(原子力)/SC2(放射線防護)は現在フランスが幹事国です。
各WGからのWDやSCからのDIS、FDISなどを審議しています。
2003/4/1現在のWG(ワーキンググループ)は次の通りです。

WG2 標準放射線
WG11 密封線源
WG13 バイオアッセイによる内部被ばく線量評価のための性能要求
WG14 空気モニタリングとその管理
WG17 放射能測定
WG18 生物学的ドジメトリ
WG19 個人外部被ばくドジメトリ用線量計
WG20 放射性物質の不法取引
WG21 民間航空機上での宇宙線被ばく線量評価
WG22 電離放射線の医療利用における線量評価と関連したプロトコル
WG23 電離放射線の防護のための遮蔽と閉じ込めシステム
WG24 核利用の為の遠隔操作装置

[委員長:中村 尚司]

□【ISO/TC94/SC1安全帽国内対策委員会】

委員会の目的
安全帽の安全性向上、技術の向上に資するため、日本工業標準調査会に協力して、安全帽に係るISO規格の作成等国際標準化に寄与することを目的としています。

委員会の概要
ISO/TC94(個人用安全ー保護衣及び保護具)/SC1(安全帽)には、WG4とWG5の2つのWG(ワーキンググループ)があります。
WG4 産業用安全帽
WG5スポーツ・レジャー用保護帽
[委員長:中村 紀夫]

□【ISO/TC94/SC3(安全靴)国内対策委員会】

委員会の目的
足部災害防止用はき物(以下「安全靴」という。)の性能向上のため、日本工業標準調査会に協力して、安全靴に係るISO規格の作成等国際標準化に寄与することを目的としています。

委員会の概要
ISO/TC94(個人用安全-保護衣及び保護具)/SC3(安全靴)は幹事国は英国で、WG1、WG2、WG3があります。WG1靴のすべり
WG2安全性
WG3構造要件
[委員長:永田 久雄]

□【ISO/TC94/SC6目及び顔の保護具国内対策委員会】

委員会の目的
目及び顔の保護具の性能向上に資するため、日本工業標準調査会に協力して、規格等の国際化に努めるとともに、ISO/TC94/SC6(目及び顔の保護具)に関し、国内の意見調整を行うことを目的としています.

委員会の概要
ISO(国際標準化機構)/TC94(個人用安全-保護衣及び保護具)/SC6(目及び顔の保護具)の構成と同じに以下の5つのワーキンググループ(WG)があります。なお、TC94/SC6の現在の幹事国はイギリスです.
WG1 定義
WG2 テスト方法
WG3 サングラス
WG4 目及び顔の保護具
WG5 スポーツ用目及び顔の保護具
[委員長:奥野 勉]

□【ISO/TC94/SC13防護服国内対策委員会】

委員会の目的
防護服の性能向上に資するため、日本工業標準調査会に協力して、規格等の国際標準化に努めると共に、ISO/TC94/SC13(防護服)の審議団体として国内の意見調整を行うことを目的としています。

委員会の概要
ISO/TC94(個人用安全 ― 保護衣及び保護具)/SC13(防護服)には、WG1,WG2,WG3,WG5,WG6の5つWG(ワーキンググループ)があります。現在スイスが幹事国です。WG1 防護服の一般特性
WG2 熱と炎に対する防護
WG3 危険化学薬品に対する防護服
WG4 機械的作用に対する防護服
WG5 有害生物学的因子に対する防護服
[委員長:山内 正剛]

□【ISO/TC94/SC15呼吸用保護具国内対策委員会】

委員会の目的
呼吸用保護具の性能向上に資するため、日本工業標準調査会に協力して、規格等の国際標準化に努めると共に、ISO/TC94/SC15(呼吸用保護具)の審議団体として国内の意見調整を行うことを目的としています。

委員会の概要
ISO/TC94(個人用安全 ― 保護衣及び保護具)/SC15呼吸用保護具)自体今年初めて出来たSC(セクション)であり、国内の意見調整はもちろんのこと、今後早急に各国間の意見調整を図り、国際規格を作っていく任務を負っています。 そのため、委員会の規約は、「呼吸用保護具に関係する者をもって構成する。但し、必要があるときは、委員会の議決により構成員を変更することが出来る」と幅広く意見を採り入れる仕組みとなっております。現在ドイツが幹事国です。
[委員長:松村 芳美]

□【ISO/TC145/SC2安全標識国内対策委員会】

委員会の目的
安全認識、標識、図形、記号、色及び文字等の技術の向上に資するため、日本工業標準調査会に協力して、安全標識等に係わるISO規格の作成等国際標準化に寄与することを目的としています。

委員会の概要
ISO(国際標準化機構)/TC145/SC2(安全認識、標識、図形、記号、色及び文字)は、WG1、WG2、WG3から構成されています。現在、ドイツが幹事国です。各WGからのWDやSCからのDIS、FDISなどを審議しています。2003/4/1現在のWG(ワーキンググループ)は次の通りです。

WG1 安全認識、図形、記号、色及び文字
WG2 標識、看板、ラベル
WG3 安全誘導システム

[委員長:中野 豊]