防護手袋

 防護手袋とは、「作業者の手や手首上部を、切創等の災害から守る目的で作られた手袋」と定義されています。
 防護手袋は、熱、振動、切創、電気、化学物質などの危険有害因子より手を保護することを目的とした手袋です。そのため、これらの危険有害要因から手を保護するため、適切な防護手袋を選択し、正しく使用する必要があります。
 防護手袋に関連する主な規格は以下のとおりです。
 JIS T8112 電気用絶縁手袋
 JIS T8113 溶接用かわ製保護手袋
 JIS T8114 防振手袋
 JIS T8116 化学防護手袋

□溶接用かわ製保護手袋

□防振手袋

□耐切創手袋

□耐熱・耐寒手袋

□化学防護手袋

□電気絶縁用手袋

お問い合わせ先
日本防護手袋研究会
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-15 和光湯島ビル 5F
TEL:03-5804-3125 FAX:03-5804-3126